« オラの弁当 | トップページ | 遠野物語 第2話 »

2008.02.11

遠野物語 第1話

むがす、むがす、村で いずばんの 

かねもずの いえが あったどしゃ

あのいえにゃ きっと ざしぎわらす がいる

それも、ひとりじゃない!きっとなんにんもいる

(昔、昔、村で一番の金持ちの家がありました。

あの家には、座敷わら子が居る

それも一人じゃなく何人も居るらしい)

ってな語り口ではじまる遠野の民話を知っているだろうか??

本当は岩手県の民話の里遠野に行って語り部と言う人から

生で聞いてほしい所だが

オラがほんのチョットばかり語っみよう

有名な話が【座敷童(ざしきわらし)】

(これはテレビなどでも取り上げられたりしているので

知っている人もいると思う

実際に座敷童(ざしきわらし)が出ると言う旅館も遠野にはあり

予約が取れないとか!!

おっと話がそれたが

それでは本日は【オシラ様】の話を

方言ではなく標準語で語ってみましょう!

昔、ある所に百姓のおっとうおっかぁがいて

おっとうおっかぁには、それはそれは美しい一人の娘がおりました。

一人っ子の娘のためおっとうは遊び相手に

町に馬を買いに出かけて行きました。

白い子馬を人目で気に入り

「オスだからと娘には」・・・・と言われてもおっとう

この白いオスの子馬がたいそう気に入り買って来て

娘に「この子馬の面倒を見るように言いました」

娘はたいそう子馬が気に入り

毎日朝早く起きて草をかって食べさせたり

体を拭いたりと一生懸命可愛がり面倒を見ていました。

そうして月日が過ぎ娘も嫁に行く年頃に成長し

おっとうおっかぁは娘を呼んで

「これこれ、何処そこに嫁にほしいと言う青年がいるが

お前も年頃 そろそろ嫁にいかないと・・・・」と話しをすれば

娘は「オラ、いやじゃぁ~オラには馬っこがいる。

オラ、馬っこと結婚する!」と、とんでもない事を言い出しました。

そこで困ったおっとうおっかぁ

延々と「女に生まれたからには、結婚して子供を育て行くのが

人の道と言うものだ・・・・!」と 、さとす様に話して聞かせたのだった。

娘はだまって聞いていたので

おっとうおっかぁは解ってくれたものだと

安心してその日は寝たんだとさ

ところが~~~~~~~~!!!

その日の深夜

つづく

つづきが知りたい??

|

« オラの弁当 | トップページ | 遠野物語 第2話 »

独り言」カテゴリの記事

コメント

あんべ光俊の「遠野物語」おいらカラオケの定番です。
親方の楽しみな連載が始まったけど、おいら三吉物語も楽しみに待ってるだよ

投稿: モモにタッチ | 2008.02.11 11:09

わぁ~、続きが気になる~

早く、続きを~(|||ノ`□´)ノオオオォォォー!!

はっ!!

まさか、馬と・・・・・(*ノノ)キャ

投稿: あっちゃん | 2008.02.11 17:08

し、知りたいです。

あっちゃん・・そっちの方向にもっていったのね・・・(笑)

投稿: しんちゃんの嫁 | 2008.02.12 08:07

知りたい~!!

座敷(笑)氏←変換したらこうなりました;
どんど晴れの舞台にもなったとこですよね!
岩手山見てみたい~

投稿: まりりん | 2008.02.12 20:12

日本昔はなしみたいだ===!!!
続きが知りたいっ
もっとやってぇ〜〜〜♪

座敷わらしが出る家が今でもあるんでしょ???

投稿: あんみつ | 2008.02.12 21:25

座敷ワラシは知ってますけど
ちゃんと聴いた事ないです。
教えて下さい♪

投稿: kako | 2008.02.12 22:29

テレビで見たことあります(・∀・)

でも、続きは知りません!

早く更新してください☆

投稿: shinpurumodan | 2008.02.12 22:33

>モモにタッチ様

三吉物語もボケないうちに書くよ。

>あっちゃんへ

あっちゃん!!
何を想像したの??

>しんちゃんの嫁様

まだまだ書くから楽しみに~

>あんみつ様

まさに!昔話
テレビもない時代から子供を寝かしつける為に語られた物語です。

>kako様

今、書いているのがオシラ様
この他にもいっぱいあるんです。

>shinpurumodan様

結構有名だよね!
オラも聞いた後に
「あっ!これ一度聞いた事があるかも」って思ったが、聞いている最中は
話に引き込まれたよ!

投稿: 親方 | 2008.02.13 21:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« オラの弁当 | トップページ | 遠野物語 第2話 »