« 遠野物語 第3話 | トップページ | おいおい!! »

2008.02.19

遠野物語 完結編

『オシラ様』とは【お知らせ様】で

幸せをお知らせする神様でもあると、ともに

お蚕様の神様でもあります。

馬と娘の2対1組であり中国から伝わったとか?

Image10

↑これが何体も祭られたオシラ様

このオシラ様にも色々な話があるようで

父子家庭だったとか・・。

岩手の代表的な建物で曲がり屋といって

人の住居と馬小屋がつながっていた。

それだけ馬はみじかで大切な生き物だったのである。

今も当時のまま残っている建物がある

そのうちに紹介したいと思う。

ほんでもって

オラがこの話を聞いたのが

Cimg3774_2

遠野の駅でボランティアの(15人)方々が無料で

何時でも語ってくれる場所があり

Cimg3777

オラは語り部海野ノリ子さんから

オシラ様と座敷童(ざしきわらし)二話聞いた。

その他にも聞ける所が数箇所あるが

予約が必要だったり料金が掛かったりする。

この歳になって民話を聞くと

感動するよ~~~!

長いこと生きているとオーバーラップする場面があったり

色々な意味が解るし・・・・・・

この他にもまだまだあります。

全部聞くには相当通い詰めないと

聞けません!!

2話聞くにも1時間かかりますから

今度、岩手県の遠野に行く時は

急がずのんびりした旅の計画をしたいもんです。

|

« 遠野物語 第3話 | トップページ | おいおい!! »

独り言」カテゴリの記事

コメント

( ´∀`)ノミ┌┐"☆ ヘェーヘェーヘェー
そんな語り部の方がおられるのですね。
その方言で聞いてみたいものです。

投稿: kako | 2008.02.19 22:57

良い話を聞かせてくれるんですね

座敷わらしの話も気になりますよ~

また書いてくださいね

投稿: あっちゃん | 2008.02.20 01:36

ずっと読ませていただいてました。
長いのに、楽しかったです。

すごいですね、語り部って。
わたしも直に、方言で聞いてみたいです。

投稿: カイエ | 2008.02.20 12:05

民話って暖かくていいですね~。

子供に日本昔話の本を読んであげたりしますが
これは、自分も小さい時父から読んでもらっていたからです。

投稿: しんちゃんの嫁 | 2008.02.20 12:22

オシラさま・・・なんとなく聞いたことあるなーと思ったら、千と千尋・・・にありましたね。
アチラは大根神だそうですが。

岩手・・もっと近かったら気軽に行けるのになー。一度は行ってみたい場所です。

投稿: まりりん | 2008.02.20 23:04

お蚕様の神様なんだ〜オシラさま
(うちのティッシュ蚕なんて。。。
恥ずかしいわ 笑)

岩手はちゃんと滞在した事がないから
行ってみたくなりました。
ノリ子の語りで民話など聞いてみたいっ!!!

投稿: あんみつ | 2008.02.21 20:10

>kako様

方言はフランス語に聞こえるみたいですよ!
オラには解るけど、ちょっと解らないかも!?

>あっちゃんへ

面白かった??
これが子供を寝かせつける時に
話して聞かせていたとはビックリだよね!
大人の為の話に聞こえませんか?

>カイエ様

岩手の遠野が有名ですが
秋田や宮城、青森などにも
民話があるようです。

>しんちゃんの嫁様

岩手の民話は語り継がれたものらしいです。
語り部の人は本を読むのではなく
何も見ないでまさに語りです。
子供にとってはテレビもない時代ですから
きっと民話を聞く事が楽しみだったのでわ?

>まりりん様

宮崎駿さんは神奈川生まれ
バックの絵を書いている方が岩手生まれ
岩手の風景が使われたりしているようですよ!

>あんみつ様

是非一度は行って見てください。
温泉もいっぱいあるよ~~~!

投稿: 親方 | 2008.02.22 20:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 遠野物語 第3話 | トップページ | おいおい!! »