« おいおい!! | トップページ | 砂壁に悩む »

2008.02.25

三吉物語 特別編

それは突然やってきた。

mobilephoneチャァ~ラァ~ラァラァラ~チャァ~ラァラァ♪

電話が鳴った!!

「もすもす!」

「あっ!俺!俺!」

えっ!オレオレ詐欺か!?

「俺だよ、次郎だけど今近所まで来たんだけど~~」

「お~~!久しぶり~~近所まで来たのなら寄っていげ~~」

「うん!いいのが~~」

「いいも!悪いも!いいに決まってるべ~~」

「場所がよく解らないんだけど~」

「ほらほら!あそこをこう来て、それからsignalerを右に曲がって

そうしたら間もなくバス停があるから、そこから左、そうして突き当りを

右に真っ直ぐ、見える所に出て待っているよ。

解らない時は又電話して」

久々の再会にソワソワして待っていました。

車のrvcar車種も解らないのに

ちゃんと解るのだろうか・・・・・?

不思議ですなぁ~!!

あの車かな??

と思った車が次郎でしたsign03

思い起こせば故郷を後にしてから数十年

まだ小さい子供達と妻との生活の為に

がむしゃらに働き

次郎の事も忘れ夢中で 生きてきました。

そんな時に次郎からの電話

そうです次郎は19歳の時にすでに東京に

出て来ていました。

そうして現在は神奈川に住んでいます。

近くにいるのに・・・・!

次郎も家族の為に夢中で生きて来たようです。

見た目は次郎も普通のオジさんになっていました。

きっと、次郎も三吉も歳を取ったなぁ~と思った事でしょう。

そんな二人が突然の再開にもかかわらず

昔話に花が咲き

「へ~~あいつがね~!そんな事もあったのが!」

今の生活を語り合い

「子供は??そうか!」

Mukasi

一瞬にして幼い時や修業時代にタイムスリップしていました。

時間の経つのも忘れ

なんと5時間も語り合ってしまいました。

まだ、まだ つもる話しがあったのだが

お互い明日の仕事に支障が出ても

との思いから

「じゃ、また。」っと次の再会の約束をするでもなく

幼い頃にそれぞれの自宅に帰るように

別れた三吉と次郎でした。

|

« おいおい!! | トップページ | 砂壁に悩む »

三吉物語」カテゴリの記事

コメント

近くに居ても中々逢えないものですね。

しかし、5時間も外でお話を・・・・・wobbly

投稿: あっちゃん | 2008.02.25 23:26

ふるさとの友達はいくつになってもいいものなのですね~~。

投稿: しんちゃんの嫁 | 2008.02.26 08:53

三吉物語、見逃してました;
先ほど、全部読ませていただきましたが
なんか、胸がぎゅう ってなりました。
若い(?)頃を思い出しました・・・

投稿: まりりん | 2008.02.26 22:19

久々の再会で
楽しいひと時を過ごしたのねぇ〜
今度は泊まりで一晩ゆっくり語りあったも良いね♪
三吉さん!!!

投稿: あんみつ | 2008.02.26 22:23

懐かしい友はいくつになっても財産ですd(^-^)ネ!
春らしいテンプレートになりましたね。

投稿: kako | 2008.02.26 23:13

>あっちゃんへ

オイオイ!そんな訳ないべ~~
ちゃんと家にあげて、茶もだしたよ~~

>しんちゃんの嫁様

なんていったって小学校からいっしょだからね!
それが久しぶりなのに
つい最近も合ったような感じだったよ!!

>まりりん様

若い頃って・・
まだ若いでしょ!!

>あんみつ様

そうだね。
オラは子供が大きくなったが
彼はまだ子供達にかかるから
そのうちに温泉でもいっしょに行きたいものだね。

>Kako様

近くにいてもなかなか合えないものだね!
それぞれ仕事におわれて
少しだけ心に余裕が出てきたみたい

投稿: 親方 | 2008.03.02 21:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« おいおい!! | トップページ | 砂壁に悩む »